1次職とNPCに情熱を注ぐ
  • 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.12
31
(Mon)
※キルハイル全体を通して

必要アイテム:チーズ 2個 / ミルク 7個 / カカオ 5個 / おさしみ 10個 / 硬い鉄の欠片 4個
報酬:経験値(Base 700K+1M) / よく焼いたクッキー 5個 / テイミングプレゼントセット 1個 / 古いカード帖 1個 / 虹色のカードキー 1個 / 1,000Zeny

・ベースレベル 70以上

・世界のイケメン入りNPC
キルハイル/キエル
-エリーが言ってた部屋だ-
-まだ梯子は無いようだ-
-……ん?窓が少し開いている-
-配水管を使えば 登れないこともないが……-

・配水管を登る
・他の方法を探してみる

→配水管を登る

-エリーのクッキーかごだ-
-山のように盛られているクッキーの間に、白い何かが見える-
-クッキーを一つどかしてみたら、メッセージが書かれた紙切れを見つけた-

黒い服を着た変な男が 学院の中を歩いてる……
男の呪文か何かを聞くと みんな人形みたいに固まってく!
恐い……恐いよ……

今、自分の部屋に隠れてこのメッセージを書いてるの。
窓は開けておいたよ。
……このメッセージには気づいてもらえるかな?

私も、皆みたいになっちゃうのかな?
……やだ!そんなのやだ!
!? 誰か来てる!
やだ…………
やだ!やだ!やだ!
(プレイヤー)さん!


------------------
------------------

-その瞬間、エリーの握っていた手が軽く開いて、
小さな黄金の鍵と ボタンがこぼれ落ちた-
-………これは?-

・黄金の鍵 1個獲得
・高級なボタン 1個獲得

-エリーへ-
エリーよ、キエルはタブーを犯した。
私の希望だった君たちを、身勝手な欲望で改造を施している。
私はこの愚行を止めなければならない。

お前がこの箱を見つけたという事は、私に何かあったという事だ。
だから、この箱を通して 私の命を君に委ねることにする。
君にしか開けられないこの箱なら 安心して委ねられる。

エリー、落ち着いて読んで欲しい。
エリー……君は……
……君は人間ではない。
嘘のようだが、これは事実だ。
詳しい事は、工場に行けばわかるはずだ。

工場の入口は寮のそばの墓地にある。
そして、工場の隠し部屋にいるエリシアを探しなさい。
彼女の保安システムに、君の名前を入力しておいた。
彼女なら、私を探し出す事ができるだろう。

-数字を入力しよう-
「承認完了。」
「ようこそ、キル・ハイル様。」

-「ピー」という音とともに通路が現れた-

[エリシア]
………
あなたは私の記憶に無い方ですね。

キル・ハイル様のお話では
ここに入ることが許可されている人は
初期タイプのエリーと エリーの友人だけです。

エリーの姿は見当たりませんね。
彼女に何かあったのですか?
そして、あなたはアリーの友人なのですか?

もしそうなら、あなたがエリーの友人である事を証明できる物を見せていただけますか?

キル・ハイル様がエリーに託した鍵ですね。
わかりました。
あなたは間違いなくエリーの友人です。

……お待ちしておりました。
どうぞこちらへ。

さっそくですが、事態の説明をさせていただきます。
キル・ハイル様は現在、工場のどこかに監禁されていらっしゃいます。

キル・ハイル様の救出に協力していただけませんか?

キエル様は人形たちに「改造」を施しました。
その事実を知ったキル・ハイル様がキエル様の行動を咎めにいらっしゃいましたが、未だに帰られておりません。

キル・ハイル様はキエル様の手に捕らわれることを予測しておられました。
そこで、私をここに残し複製の人形を連れて行きました。

キル・ハイル様の生体反応は受信できますので、キル・ハイル様は無事でいらっしゃいます。
どうかキル・ハイル様が捕らわれている所を探し出してください。

秘密工場を自由に出入りできるカードキーを差し上げます。
キル・ハイル様を見つけたら私に知らせてください。

・赤色のカードキー 1個獲得

[????]
……キエル……
……お前は……どうして……

[キル・ハイル]
……誰かね?

-キル・ハイルさんにエリーとエリシアさんの話を伝えた-

[キル・ハイル]
……そうか。
エリーは…………
……………

……………
これを持って行きたまえ。エリシアに渡すだけでいい。

-扉のすき間から金属のパーツが出てきた-

・金属のパーツ 1個獲得

[エリシア]
キル・ハイル様は見つかりましたか?

-私は彼女にキル・ハイルが監禁されていた場所を教え、
彼から託された金属の破片を彼女に渡した-

[エリシア]
ありがとうございます。

-エリシアは金属のパーツを 自分の手首に埋め込んだ-

[エリシア]
…………
キル・ハイル様の暗号を確認。
B_2_3地域、生体反応正常。
…………
同封文書確認。
改造人形設計図、送信完了。

…………お待たせしました。
私は今からキル・ハイル様のご命令を遂行します。
後ほど、リヒタルゼンの「キル・ハイル邸宅」までお越しください。

なお、失礼ですが、
あなたが所持しているカードキーは
保安上、回収させていただきます。

邸宅玄関で黄金の鍵をお見せくだされば、邸宅の中に入れるようになります。

[執事]
主人のお客様ですか?
では、その証拠をお見せください。

(プレイヤー)様ですね。
お待ちしておりました。ご案内させていただきます。

[キル・ハイル]
ほぅ……
君が(プレイヤー)か?
今回の助力、感謝している。

ふむ……
聞きたい事がありそうな顔だな。

知りたい事があるなら遠慮なく聞きたまえ。
ただ、私にも用事あるから……
そうだな、三つまでなら どんな質問にも答えよう。

------------------
------------------
[キル・ハイル]
32年前……
私が20歳の時から魂を捧げて研究してきた研究物だ。
大賢者バルムントが作ろうとした 人間と酷似し、人間のように行動する、
人間の手によって作られた人形。

外見はガーディアンと似ているように見えるかも知れないが、
自分の意思が無く、命令無しでは動く事もできないガーディアンとは違い、自ら考え 行動できる現代科学の傑作である。

もっと詳しく知りたいのならエリシアに聞きたまえ。

------------------
------------------

[キル・ハイル]
キエルは私が唯一愛した女性との間に生まれた、たった一人の息子だ。
彼女はあいつを産んで死んでしまった……
キエルは天才的な機械の設計能力を持っている。

エリーのような第3世代の機械人形もキエルが設計した物だ。
しかし今は……第3世代の機械人形を改造して、本来とは違う用途で使用している……

私はそれを止めようとしたが、逆に捕らえられ、あの場所に監禁されていた。
一体、あいつが何を望んでいるのか……
何故あんな行動をしたのか、私にはまだわかっていない。

……その紋章はキエルの紋章だな。
黒い服の男が持っていたのか?
そいつはキエル個人の用心棒、「カイゾ」かも知れんな。

いつの間にかキエルが勝手に雇っていた正体不明の男だ。
常に黒い服を着て姿を隠している。
私もあやつの顔は見たことが無い。

ふぅ……
質問はこれ位でいいかな?

あと……
これは感謝の気持ちだ。
大した物ではないが、受け取ってくれたまえ。

・テイミングプレゼントセット 1個獲得

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://romanticdrug.blog16.fc2.com/tb.php/339-66072954

 | ホーム | 
プロフィール

(・▽・)+

  • Author:(・▽・)+
  • 初見さんはカテゴリ「なんだねここは」をクリック
     
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
管理者ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。